• ホーム
  • フェイスブック シェア
  • ツイッター
  • menu

こだわり検索全項目に指定しなくても検索できます。

フリーワード
カテゴリ
記事ランク
対象
2020年6月8日更新

高すぎるプロ妻のハードル?イマドキ女子でも無理なくできる!愛され妻への簡単習慣

ご主人様の年収まで差が?!最近何かと話題のプロ妻問題。私には無理だわ…。って、諦めていませんか?ここだけ抑えておけば大丈夫。愛され妻になれる方法をご提案します。

仕事も家事も常に全力。そのうえ旦那の徹底ケアまで?!最近話題の「プロ妻」問題。ちょっと自信がないわという女性も、大丈夫。コツを掴んでうまくやりましょうよ。無理なく続けられる簡単旦那ケアと幸せの在り方について一緒に考えてみませんか?

 

働く女性に追い打ちをかけた「プロ妻」問題。

結婚後、多くの女性がぶつかる家事の分担問題。現代社会における女性は、社会進出するだけして、結局家の中の仕事はそのまんま残っちゃっている…。これって随分損な状況だわ…なんて感じている人も多いのではないでしょうか?

女性の負担とは

 

プロ妻ってなに?!賛否が分かれた女性の本音

2016年、株式会社マンダム(大阪)が20~59歳の既婚女性に実施した「夫へのケア意識に関する調査」の結果が話題になりました。

4種類に分けられたイマドキの妻事情。

A 自分のことは自分でやる自立夫を支える「セルフマネジメント妻」

B 夫のケアなんて面倒 気になるのは自分だけ THE「放任妻」

C 見えないところまで常にケア! 夫を支える「プロ妻」

D 自分のために夫を管理 良妻アピールの「良妻“風”妻」

引用元:株式会社マンダム 2016年(H28)6月22日ニュースリリース〈夫へのケア意識に関する調査〉

結構、面白い分類ですよね。

飲み会の旦那の帰りをメイクしたまま起きて待ち、電車がなくなれば車でお迎えに行く。なんなら一緒に飲んでいた上司もご自宅まで送り届けてあげる。ヘアスタイルからスキンケア、ファッション、ニオイケアに至るまで、女性ならではの目線で積極アドバイス。リラックスできる雰囲気の家庭作りに余念がなく、料理の腕もピカイチ!

そんな「プロ妻」と分類されるスゴ腕奥様のエピソードがメディアなどで紹介されると、世間からは驚きの声があがりました。確かにこれだけケアしてもらえる旦那さんは幸せでしょう。

しかも「プロ妻」と「放任妻」の世帯収入の差は140万円にもなるとか。 「私も結婚したらプロ妻に!」なーんて、意気込む独身女性の声もあった一方で、「私にはとても出来ないわ」「そもそも旦那の収入が高いからプロ妻ができるのよ」など、様々な意見が飛び交いました。

 

家事の役割分担は結局女性

子供のころの自分の家や、周りのご家庭を思い出してみてください。 結局、家事は女性の役割。 そういう文化が染みついちゃっている日本の現実。これを一人で覆すのってほとんど無理です。もちろん家庭内での話合いが持てればそれが一番ですが、「どうして私だけ」という思いをぶつけたり、悲しみにくれたり…。そこに力を使うくらいなら、いっそ思考を切り替えてみましょう。

 

全部自分でやろうとしない。割り切った余裕を持とう。

お勤めしながら、家事を徹底的にこなすのって大変ですよね。プロに任せられるところは、もう割り切って任せてしまいましょう。

ワイシャツのアイロンかけをやめて、クリーニングに出す。健康的な食事が作れないなら、お惣菜を買ってきちゃう。美容室もエステもマッサージも、月一のご褒美は夫婦そろって。 旦那さんのケアに必死な「プロ妻」と自分のことでいっぱいいっぱいな「放任妻」。

その中間をいく、いいとこどりをしませんか?

うまくバランスをとりながら、経済的に無理のない範囲で、お金で解決できるところを整理してみましょう。家事の役割分担をどうするかで揉めるより、ずっと平和的な解決策が見つかるはずです。

 

プロ妻になれそうにないなら、アマ妻だっていいじゃない♡

家庭円満

プロ妻になれなくたっていいじゃないですか。アマチュアなりに無理なく続けられるゆとりのあるライフスタイルを見つけましょう。

 

笑顔から生まれてくるハッピーな時間を過ごそう

生活のゆとりはやはり笑顔から生まれるものだと思います。 笑顔で生活することを、少し意識してみませんか?朝の「おはよう」や「いってらっしゃい、いってきます」、夜の「おかえり、ただいま」や「おやすみ」。何気ない挨拶を、普段の2割増しの笑顔で始めてみましょう。マックじゃないけど、家庭内のスマイルも0円。 幸せの基本は夫婦間のコミュニケーションです。旦那さんがストレスを感じない家庭作りは、奥様ご自身の幸せな毎日から。

 

“あなたのため”と“私のため”歩み寄りの気遣い

結婚前をよーく思い出してみてください。価値観が多少違っている部分も、お互いに歩み寄る努力をした時期はありませんでしたか? 仕事帰りや休日の過ごし方、お互いが一人でいる時の時間の使い方。結婚生活が長くなってくると、出会った頃の気持ちなんて忘れてしまっていたり。

“どういう妻”かなんて、ジャンル分けをする前に、パートナーとして自分自身がどうありたいか、旦那はどう考えているのか、もう一度話し合ってみてはいかがですか? その結果がプロ妻じゃないなら、それはそれでいいじゃないですか。愛されるアマチュア妻でいることが二人の形なら。

 

まとめ

がんばる女性にやや強めな風当たりの日本の現代社会。世間の考え方に合わせることや周りからどう見られているかということも大事ですが、もっと力を抜いて生きていくのも悪くないですよ。ちょっとくらいワガママいったっていいじゃないですか。欲張りなほうが、魅力的に輝くと思いませんか?

CareLaにいいね!して、
最新情報を受け取ろう!

TwitterでCareLaを

いいね!&フォローして、
CareLaの最新情報を受け取ろう!

この記事のライタープロフィール

ケアラ・ジャパンCareLa編集部【公式】

自己紹介:
『暮らし』と『住まい』のモノ・コトを追及して情報発信する編集部。住宅設備、ガス器具、家電製品、暮らしのお役立ちコンテンツなどをお届け!

CareLa編集部【公式】

『暮らし』と『住まい』のモノ・コトを追及して情報発信する編集部。住宅設備、ガス器具、家電製品、暮らしのお役立ちコンテンツなどをお届け!

関連記事